ワークスペースに便利な場所&最適な広さを間取り図つきで紹介

間取りについて

どうもこんにちわ、りこるです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

今日は私が新居に絶対欲しい!ワークスペースについて!!

 

家事作業スペース、スタディスペース、パソコンスペース等々・・・各ご家庭で色々用途のある「ワークスペース」ですが

どこにあると便利か?広さはどのくらい必要か?

しっかり考えておかないと、数年後には物置きとなってしまう。。なんてこともありえます!!(」゚O゚)」

私もワークスペースを自宅に作りたいと思ってから、物置き化しないスペースになるよう色々考えました。

そうして分かった間取りとの関係や、ワークスペースに最適な広さをご紹介します(*⁰▿⁰*)

場所によってメリット・デメリットもあるので、そちらもまとめてみました!(私調べですが。。w)

 

ワークスペースの設置場所パターンとおすすめ用途

ワークスペースといっても、用途によって設置する場所は変わってきますよね。

我が家も「どこにワークスペースを配置するか?」色々考えましたが、

どこに設置するかによって、適した使用用途も、メリット・デメリットも変わってきます!

個人的に思ったおすすめ用途とメリット・デメリットを場所別にご紹介したいと思います(*⁰▿⁰*)

 

リビング・ダイニングの一角

リビングの一角はスタディスペースとしてスペースを作られる方が多いですよね♪

リビングに学習スペースがあると、家族に聞きながら勉強を進めたり、家族の気配があるために小さい子供でも集中して楽しく勉強できるなどメリットがあるそうです。

この場所は、主にスタディスペースや共有パソコンスペースにおすすめです!!

間取りでいうと、例えばこんな感じでスペースをとる感じでしょうか(*⁰▿⁰*)

メリット

  • 家族の気配を感じながら作業できる
  • 子供が勉強する場合、親が見てあげやすい
  • 親が近くにいるので勉強で分からないことを聞きやすい
  • 人の気配や生活音がするところで勉強すると周りに影響されない集中力が見につくらしい
  • 家族で共有しやすいスペースになるのでパソコンコーナーとしても有用
  • ダイニングテーブルやリビングテーブルの上が散らかりにくくなる

デメリット

  • リビングから書類や教科書類が丸見えになるかも(収納の工夫が必要)
  • 子供が集中できるようにと、他の家族が生活音を気にしてしまう(テレビを見づらいなど)
  • 子供が小さい間しか使わない(子供部屋で勉強するようになった後の考慮が必要)
  • 音があると集中できない子には不向き

 

キッチンの一角

この場所は、主に主婦の家事スペースや書類整理スペースにおすすめです!!

主婦の方がメインに使うなら、キッチン・ダイニングの一角に設置されるのが絶対便利!

子育てに家事に・・・隙間時間しかない主婦は、いちいち別室へ行って作業する暇などありません!時間ロスが勿体ないし、子供たちの様子を見ながらじゃないと作業もできません(*´Д`)

なので家事の中心地であるキッチンやダイニングから近い方が家事動線的にもGOODなのです♪

間取り例としてはこんなのとか?

メリット

  • 家事の合間に書類整理やパソコン作業ができる
  • 子供たちが遊んでいる様子を見ながら作業できる
  • 子供が勉強する場合、料理しながら見てあげられる
  • 料理のレシピを見るのにも便利

デメリット

  • 他の家族が使うと家事の邪魔になる可能性もある(配置に注意)
  • キッチンの収納スペースが犠牲になる場合もある

 

スキップフロア(中2階・階段の踊り場)

最近流行り(?)のスキップフロアも、適度に気配を感じつつ、適度に区切られていて、集中力が保てそうですよね~♡

この配置はスタディスペースやパソコンワークにおすすめで、さらに狭小住宅でも階間を利用するので取り入れやすいです!!

間取り例としてはこんな感じとか!

階差があるので、スキップフロアの下にはテレビやテレビボードなどを設置できます(*⁰▿⁰*)

 

メリット

  • 家族の気配を感じつつ、高低差があるため視界には入りづらいので集中できる
  • 狭小住宅でも階の間を利用して取り入れやすい

デメリット

  • リビングから少し離れた場所になってしまう(主婦の作業スペースとしては不便)
  • 小さい子がお絵かきなどするには高さが心配

 

2階の階段ホール

2階の階段ホールをフリースペースとして広くとり、そこにスタディスペースやワークスペースを設けるパターンも多いそうです♪

この配置は本読みスペースやパソコンワークにおすすめです!!また、2階ホールで洗濯物を干すなら洗濯物をたたんだりアイロンがけの家事スペースとしても使えますね♪

スキップフロアよりは家族との距離感が離れるので、小さい子供のスタディスペースとしては不向きかなと思います。

間取り例としてはこんな感じ。(だいぶ広いけどw)

メリット

  • 家族の気配を感じつつも、スペースとして独立しているので集中しやすい
  • 2階で物干しをするなら家事スペースとしても使える
  • 家族の声が届きやすい(ごはんで呼ぶときなど)
  • 書棚など収納スペースをとりやすい

デメリット

  • 2階に廊下スペースが必要になる
  • 冷暖房設備が2階ホールに必要になる
  • 家事の合間には使いにくい
  • 家族からすこし距離感が離れるので小学生くらいのスタディスペースとしては不向き

 

個室

もうこれはスペースとか言うより、部屋ですね!部屋!

いわゆる「書斎」目的で作る場合が多いかと♪

これは、持ち帰り仕事が多い旦那さんやワーママの書斎、もしくは趣味スペースに使うのがおすすめですね!

間取りは・・・いらないですかね?w

メリット

  • 1人になれるので集中できる
  • 作業途中で出しっぱなしでもLDKから見えないので気にならない

デメリット

  • 広い床面積が必要
  • 建具や照明が必要
  • 行くのが面倒になり使わなくなる可能性もある
  • 冷暖房設備が必要になる
  • 独立した空間なので小さい子供には向かない(小さい子は書斎使わないよねw)

 

ワークスペースの設置場所*まとめ

このように、ワークスペースと一概にいっても、設置する場所によってメリット・デメリットがあります!

新築時に想定しきれずなんとなく作ったがために、使わないスペースとなり、物置きと化している知り合いのおうちもたくさん見ました。。

そうならないためにも!!

誰がどうこのスペースを使いたいのか、しっかり検討したうえでワークスペースを作れるといいですねヾ(*´∀`*)ノ

 

作り付けのデスクはよく考えて!

造作デスクにしようと思っているなら、長い目で考えてみてください。
例えばスタディスペースなんかは子供が小さいうちしか使わないので、将来的に別の用途がないと物置きと化してしまう、なんてケースもあります!!(腰高のカウンターって一番ちょい置きしやすいので。。)
長い目で見てもずっと使うなら造作、家族の生活スタイルに合わせて変化させる可能性があるならデスクを後置きする、など広い視野で考えるといいかと思います♡

 

ワークスペースに最適な広さは?

ワークスペースといっても用途によって、必要な広さは変わってくると思うので。。

用途別にどれくらい広さが必要なのか調べてみました!!

 

スタディスペースに必要な広さ

スタディスペースをリビングに設置するなら、リビングを圧迫しないようコンパクトに収めたいですよね♪

でも小さすぎて勉強しにくくて使わないようになれば本末転倒!

子供が勉強するのに必要な幅や奥行はどのくらいなのでしょうか?

 

1人あたりの勉強スペースに必要な広さ

勉強に最低限必要な一人当たりのスペースは幅120cm×奥行60cmだそうです!

ただし、これは大学生・社会人になってパソコンを使うようになった場合。

長い期間、子供にそのスタディスペースを使ってもらうつもりならこれだけとっておいた方がいいですね!ヾ(*´∀`*)ノ

もし、パソコンを使わない小学生やお絵かきをする幼児などが使用するのを想定するなら、幅80cm×奥行50cmくらいでも十分だと思います!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ 

 

集中力持続のために収納も考慮

この広さはデスク上に教科書などを置かない場合の広さです。(多少のペン置きなどは考慮してますが)

なので、教科書や参考書などは別途収納場所を設けた方がいいと思います!

リビング学習なら、デスク上に散らかっている状態が丸見えも嫌ですし。

勉強中に調べたいとなったときに、別の部屋の本棚まで取りに行っていたら、集中力も途切れちゃいますしね!ヾ(*´∀`*)ノ

 

スタディスペースに大切なのは配置

勉強に集中するためには広さだけでなく、配置も重要だそうです!!

一般的に勉強に集中できる環境というのは

  1. 部屋の出口が見える場所
  2. 後ろに人の気配を感じない場所
  3. 上に人の気配を感じない場所

なのだそう。

なので、リビング学習にするにも、多少はこもり感のありつつ、気配を適度に感じられる場所がいいかもしれませんね♪

 

パソコンスペースに必要な広さ

我が家はパソコンを使うスペースとして作る予定なので、パソコンをする上で必要な広さは少し具体的に考えてみました♩

私の主観ですが、最低このくらいのスペースはあった方が作業がしやすい!と思うサイズをご紹介します(*’ω’*)

パソコンスペースなので、パソコンサイズ別に書きます。

ノートパソコン(14インチ)幅70cm × 奥行40cm
ノートパソコン(15インチ)幅80cm × 奥行45cm
デスクトップパソコン(24インチ)幅100cm × 奥行60cm
パソコン+手前に資料を広げる場合奥行に+30cm
パソコン+横に資料を広げる場合幅に+25cm

 

私の手持ちの3台のパソコン

  • 14インチ・ノートPC
  • 15インチ・ノートPC
  • 24インチ・デスクトップPC

で実際に測ってみて、ギリギリではなく、ほんのちょっとだけ余裕をもったスペースにしています♪

私調べですが、お手持ちのパソコンサイズに合わせて、最低限このスペースをとれば、快適に作業できるかと思いますヾ(*´∀`*)ノ

 

家事スペースに必要な広さ

家事スペースを間取りに作るなら、1.5帖~3帖くらいがベストといわれているそうです。

確かに家事室、となるとそのくらいいるのですかね。

書類整理や裁縫をするデスク、アイロンがけのスペース、洗濯物畳むカウンターなどいろいろ要りますもんね!(*´Д`)

家事スペースを作るときの注意点

独立した家事スペースは

  • 子供の様子を見ながらアイロン掛けをしたい
  • テレビを見ながら洗濯物を畳む

といった「~しながら」が多い生活スタイルの方には向かないと思います!

そのような方はLDK付近にOPENなスペースとして作るといいかもしれませんね٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

自分が家事室で「なにをするつもりなのか」をしっかり考えてスペースをとると、物置き化しにくいと思います!

「家事室あるおうち、憧れる~♡」という気持ちだけで作られないように。。!!(」゚O゚)」

りこる
りこる

ミーハーな私はこうなる↑タイプです。w

 

ワークスペースの広さ*まとめ

どうですか?

意外と省スペースでもワークスペースが実現できると思いません?(家事室はやっぱ贅沢ですが;)

私はパソコンスペースが欲しいですが、いろいろ調べていると「東大生はほとんどリビング学習」だそうで。。「スタディスペースもいいなーダイニングでさせるつもりだけど、やっぱりスペースとしてあるといいなー」なんて気持ちが湧いてきちゃいました(゚∀゚ゞ)w

 

以上、ワークスペースについて、私が調べた設置場所&広さについてでした~♡

次回はこの調べた結果を受けて、我が家がワークスペースに求める要望を公開します!ヾ(*´∀`*)ノ

 

《他の部屋についても必要な広さを調べた記事はこちら》

ストック収納に便利なパントリー*収納するものと最適な奥行は?
どうもこんにちわ、りこるです(о´∀`о) お盆休みが終わり、親戚たちが帰ってしまったのでちょっぴり寂しいです。(´-`) はやくブログも自分もお盆リズムから復活せねばーー! 今日は新居の要望シリーズ、 ...
ダイニングの要望*5人家族の食事に必要なスペースを図解してみる!
どうも、こんにちは!りこるです!(*⁰▿⁰*) 今日はダイニングに対する要望をまとめてみました~! 過去の要望記事はこちら ・家全体の要望 ・玄関の要望 ・キッチンの要望① ・キッチンの要望②...
***************

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加しています(*⁰▿⁰*)
「読んだよー」の印に応援ポチお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へにほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ

この記事が「参考になったよ」という方は下のボタンでシェアしてくださるとうれしいです♩

スポンサードリンク

スポンサードリンク
間取りについて
ricoluをフォローする
ズボラなワーキングマザーのおしゃれで家事楽なおうちづくり

コメント